2008年05月14日

白内障と言われたみかんの話。。。パート1

産まれてしばらくしてから首の骨のいびつが発見された
みかんちゃん。成長と共によくなるかもしれないと言われては
いましたが、今ではすっかり大きくなりました顔(笑)

でも首がつまっているように見えるので、
どこから見てもまん丸というより、真四角□□□□□□顔(イヒヒ)

0326 006s-.jpg


わかるかな?べろは相変わらずチョロットでていて
歯はがたがたたらーっ(汗)
とてもマイペースでぬいぐるみが大好きるんるん
でもこのぬいぐるみ遊びはとっても変わっていて、
くわえては人間のヒザの上などに置くのです。
それから一歩下がって人の顔を見ながら、「ワン・ワンexclamation×2

「いや、取ってないから」ふらふら

まだ人間のヒザに置いているうちはいいのですが、
姉妹の”あるる”との取り合いが最悪どんっ(衝撃)
おっとりのみかんに比べてとても素早いアルルは
だぁ〜と走ってぱくっ犬(足)
それからはぬいぐるみの上にあごを乗っけて知らん顔ふらふら
こうなると最悪どんっ(衝撃)
みかんの「ワン・ワンダッシュ(走り出すさま)」がパワーアップするのです。

うるさ〜いちっ(怒った顔)
と怒っても知らぬ顔あせあせ(飛び散る汗)

最終的には取り上げられてさみしそうな顔をしているみかんなのでした顔(汗)

そんなみかんの目が真っ赤になってしまったのですがく〜(落胆した顔)


1225 037s-.jpg

ニックネーム ぶーこ at 23:53| Comment(29) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

さぼりまくっていました。復活しま〜す!

アルルの病床日記が途中で放棄されていますねふらふら
すみません。。。看病疲れと次々に病気になる
我が家のワンコどもに疲れ果てています。。。

005.jpg

あれから抜糸も済み、何事もなかったかのように
はしゃぎまくるアルル。。。
お腹の傷だけは痛々しく感じますが、
はしゃぎぶりを見ているとなにもなかったかの
ようです犬(笑)

食道が他の犬よりも太くて胃に直通すぎて吐くとのこと。
腸の動きをよくして食べ物を消化しやすくするくすり
食後のゲップで今の所は病状も回復。
食後のゲップは人間の赤ちゃんと同じです。
食べ終わったあとに肩に乗せて背中をトントン四葉
すると「ゲェ〜」とでるのです。
これを二度ほどやって20分ほど抱っこのまま。
これをすることによって食べ物が胃の中へと入っていき、
吐くことがなくなりました。。。

とっても大変ですふらふら

画像 002s-.jpg

続いて発病したのは、みかんです。
もともと口が開いて歯が見えてるのが普通なんだと
思っていたのですが、どうもこれには原因があったようですがく〜(落胆した顔)

突然何もしていないのに、みかんの隣を他のワンコが歩くだけで
「キャン犬(泣)」と鳴いたのです。
exclamation&questionと思いましたが、気のせいだと思いそのままに、、、
15分後、抱っこをしようと脇に手を入れると「キャン犬(泣)
やっぱりおかしいぞ。。。
それから体が震え、硬直しているかのように、立ったまま
動かなくなりました。
急いで病院へ電話電話
今日に限って院長がいないんだよな〜パンチ
とりあえず、すぐに走りました。

画像 013s-.jpg

もう一人の女医さんに見てもらい、レントゲンを撮り、
痛み止めの注射を打ちその晩は様子を見ることに。
次の日の朝一番に病院へ到着車(セダン)
院長が昨日のレントゲンを見て「これは最悪です」がく〜(落胆した顔)

首の骨がぐちゃぐちゃに歪な形をしているようです。
長くは生きられないかもしれないって。。。
首の骨のゆがみのせいで内臓がすべてつぶれているので、
呼吸ができないから口が開いてしまうとのこと。
口が開いているから他の犬よりも水分は多くとる。
そうすると胃が圧迫されてますます苦しくなる。
食べ物もお腹いっぱい食べると胃がふくらんで
つぶれている内臓をさらに圧迫するので、苦しくて
体が固まってしまうのです。

お腹いっぱいたべさせてあげられないので、
少しの量でカロリーをとらなければいけないので、
とりあえず、療養食にすることにしました。
体重を減らすとかなりの負担になるので、
それだけはできないからフードのみではなく、
手作りのおかずも足しています。

でもやはり、かなり痛いようで、だんだんと
動きが鈍くなってきています。
そのうちご飯もいらない、水もいらないという状況になり、
またまた病院へ。。。
ちょっと強めのステロイド剤を使い、痛みをやわらげることに。。。
すると注射をして、家に帰るとすぐ、元気な姿に戻るのです顔(イヒヒ)

1週間に一度の注射で様子を見ています。
あと1ヶ月ほどで成犬の体ができあがってくるので、
体つきが決まってくるらしいのです。
それまでにどれだけ骨がのびて内臓の圧迫をとってくれるかが
勝負だそうです。

00018s-.jpg

こんなに元気に育っていたのに、突然こんなこと言われても。。。
小さい時から症状はあったんだと思います。
ただ、鳴くほどではなかった、成長とともに、
内臓の大きさがついていけなくなってしまったのかも。。。
短命です。なんて言われても、すぐに理解できなくて。。
私達にできることはなんでもやってあげないと。。
がんばろうね。みかんexclamation×2

そんなこんなですっかり寝不足の私です。
ついつい更新がおろそかになってしまい、
駄目ですね!
今年こそは毎日更新しようと思っていたのに。。
なんか、今年は暗い話ばかりなので、
最後にこんな格好の元気なパインさんを
ご覧いただきましょうか。。。

012802.jpg


ニックネーム ぶーこ at 18:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

アルルの病床日記パート3注射

こんなに小さいのにお腹を開きました。
吐き気が止まらないので、仕方がない決断でした。

手術は午後からなので、午前中に内視鏡の検査。
それでもやはり異物はみつからないので、
お腹を開く結果になりました注射

00 002s-.jpg

とっても痛々しくて見てられませんもうやだ〜(悲しい顔)
結局お腹の中からは何も見つからず、
そのままお腹を閉じてしまいましたたらーっ(汗)

なんともいえない気持になりました。
ア〜ルンにだけ痛い思いをさせてしまったのではないかと
悔やまれたりもするのですが、
1つだけ発見できたことがあって
ア〜ルンの大きさにしては食道が太すぎるということで
吐いてしまうのではないかということ。。。

とりあえず、ステロイドを使っての治療になるのですが、
正直先生も分からず手探り状態での治療ですふらふら

信用していないわけではないのですが、
いまいち理解をしていないわけです。。。

手術後、その日のうちに家に戻ってきて
ひたすら寝ていました。
病院では普通ゲージの中から人を見るように
中に入っているそうですが、
ア〜ルンはゲージの柵のほうに背を向けて壁のほうをみて
ず〜と座っていたそうですあせあせ(飛び散る汗)
家に帰ってきたときはすねまくっていましたがく〜(落胆した顔)


画像 003s-.jpg

がんばれ、がんばれア〜ルンハートたち(複数ハート)

術後3日目の今日は昨日の夜からおかゆが食べれるようになり、
かなりご機嫌です。
ただし人間の赤ちゃんと同じで食事の後、大量のお水などを
飲んだ後は抱っこをして
ゲップをさせてあげないとまた吐いてしまうのです爆弾
大変ですが、ア〜ルンのためですわーい(嬉しい顔)


プチワン ドックハーネスセット ...

胴輪サイズは体重5kgまでの超小型犬種に。引っ張り強度は、10k...

定価:¥1,300 ⇒ 売価:¥924






ニックネーム ぶーこ at 17:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

アルルの病床日記パート2

一向によくなる傾向がありません。。。
お腹が痛い原因が異物混入なのか、ただお腹が冷えたとかの
理由ではというところから始まった今回の治療注射
次の日も変わらず、3日目の早朝、小さなプラスチックを
フンの中から見つけました。
でもこれがアルルのものなのかがexclamation&question

病院へ持って行きましたが「この大きさでは今回のように
なるとは思えない。。」と院長くすり
また変わったことがなければ次の日ということでまた1日が
たちましたあせあせ(飛び散る汗)

食欲は依然としてありましたので、院長も
「吐いたりしたらすぐにお腹を切らなければ」と。。
そして土曜日。
朝吐き出しましたがく〜(落胆した顔)

すぐさま病院へ駆けつけると
「今食べたものだから大丈夫。これが黄色くなったり、
血が混じるようならすぐに連れてくるように」と・・
とりあえず、吐き気止めの注射を見て様子を見ることに右斜め下

画像 021s-.jpg


昨日の夜ご飯も食べてすぐ吐きました。
でも食欲はあります。特に横たわってぐったりと
している様子もありません。まあ、いつもの様子が
あまりにも元気すぎてやっぱり病気なんですけどねバッド(下向き矢印)

そして今朝。
具は一切いれず、お粥だけならどうかと思い、食べさせてみましたが、
やはりすぐに吐きますふらふら
すぐ病院へ行きました。

レントゲンをとり、結果を聞きましたが、
「1箇所ガスがたまっているようなところがある」
「腸閉塞の症状とは違う」というはっきりとしない結果。
病院のフードをべちゃべちゃにして見て見たいということでしたが、
前回と同様、見向きもせず。。。
ということでまずは水分からとれるかを家に帰ってから見てみて
下さいとのことです。
おちょこ半分の量からスタートしてそれを30分おきに
やって症状を見てみるということです。。。

明日の朝までこれで様子をみてみるので、
だんだんと流動食までもっていきたいとのことでしたが、
胃の中に入るまでの管が細くなっているのか、
異物が入っていたとして、傷がついていて食べ物を
うけつけなくなっているのか。。。
やはり原因は分からず。。。もうやだ〜(悲しい顔)

やってみました。
4回目ぐらいまではよかったのですが、3時ごろから
吐き出しました。
とりあえず結果をすべてノートに記帳して明日朝一番で
病院へ行きます車(セダン)

最悪は手術ですがく〜(落胆した顔)

アルルにかかりきりなので、他の子たちに
新しいおもちゃを買ってみました。
するとこんなふうに。。。

画像 002s-.jpg

レン姫はみかんに取られそうになって焦っていますBad
うぅ〜うぅ〜と鳴いているのを聞かせてあげたいぐらいです。
さすがの姫も子ブヒたちには手をやいています顔(泣)

その頃当のお母さんはというと。。。

画像 001s-.jpg

わかりにくいですね。
こっちの角度から見るとどうなっているのかなグッド(上向き矢印)

画像 003s-.jpg

あぁ〜破壊されるのは時間の問題ですね。。。
これはプラスチックではないからいいけど、
おもちゃ与えるのも怖くなってきました顔(なに〜)

フローティングキャンドルバケツセ...

キャンドルメーカーが作っているフローティングキャンドルです!お水...

定価:¥3,920 ⇒ 売価:¥2,100



ニックネーム ぶーこ at 16:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

次は子ブヒアルルの病床日記。。。

012.jpg

ロンの子ブヒのアルルの様子がおかしくなったのが、
1月16日の3時頃・・・

いつもじっとしていないア〜ルンが
じっと座ったまま動かないのですがく〜(落胆した顔)
絶対におかしい!
仕事に行っていたので、お留守番がイヤで
すねているのかと思いきや。。。

お腹を押さえてみると、
ぎゃんexclamation×2

というではないですか。。

すぐ病院へ走りました車(セダン)

お腹が痛いのではないかということでした。
熱もないし、鼻もぬれています。
食欲はどうですか?と聞かれたのですが、
ご飯の時間より前に病院へ行ったので、
食べさせていません。と答えるわたし。。。

すると病院食がほんの少しでてきました。
食があるかみるためだそうですが、
臭いをほんの一瞬かぐだけでしらんぷり!

先生は「さすが手作り食、こんなのには、見向きもしないな」わーい(嬉しい顔)
なんてのんきなことを言っていました右斜め下

お腹が冷えたか、異物を飲み込んだということです。

ぐったり状態が続いています。

でも食欲はあるので、毎日2食しっかりと食べています。
さつまいもをちょっと多めにいれて
もし異物だとしたら包み込んででてきてくれますように!

毎日の病院通いも大変です。。。

その頃他のワンコたちはというと、、、

画像 013s-.jpg

みかんです。やっぱりお口が開いてるね!
大きな怪我もなくいつもボサ〜としていますが、
このぶちゃいくさがなんとも可愛いですわ顔(笑)


026s-.jpg

去年さんざん心配をかけたパインちゃんは
私が仕事を休んで看病をしているので、
大喜び顔(イヒヒ)
膝の上を寝ているア〜ルンをおろして
この顔ですふらふら


ポーターカート レッド...

カートとして、ショルダーバックとして、カーシートとして3通りの使...

定価:¥18,000 ⇒ 売価:¥16,800



ニックネーム ぶーこ at 20:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

チロのぐったりは。。。?

001.jpg

特攻隊長モコちゃんの娘チロちゃんが
ぐったりと横たわっておりますたらーっ(汗)
これは3日ほど前の写真なのですが、
その日、いつもは

こらぁ〜ちっ(怒った顔)

と怒られてばかりいるチロちゃんなのですが、
全然歩こうとしませんでした。
んっexclamation&questionと思い、チロを呼んでみると

なんとビッコをひいて歩いているではありませんかあせあせ(飛び散る汗)

たいへん!すぐ病院へ。。。

足は着いて歩けるので骨には異常がないとのこと。
ちょっとした捻挫exclamation&question
注射は打たれましたけどね。。。

びっくりしました。

病院から帰るとすぐいつもの
「くんくん」虫たちがいっぱいくっついてくるの
チロだけをゲージへもうやだ〜(悲しい顔)

嫌がるのかとおもいきや彼女はすぐさま眠い(睡眠)

もともと小さい時からゲージが大好きで
ゲージの扉が開いていると中に入って寝てたぐらいですからねふらふら

一人になれてうれしいのかも。。。

101_0401s-.jpg

これがそのときの様子。
隣にいるのは弟の当時へキイクンと呼んでいた男の子。
今は静岡県で「バロンくん」という名前をつけてもらって
元気に過ごしている男の子です。

「ゲージからだしてくれぇ〜がく〜(落胆した顔)」という
顔をしていますが、扉は開いていて自分たちで
中に入ってこの顔をしているのです。
不思議な姉弟ですね犬(笑)

でもそんなチロちゃんですが、
今ではすっかり元気で又飛び回っていますよダッシュ(走り出すさま)

ただほんの2日間だけ私を独占できたので、
今でも私が立ち上がると抱っこをせがんできますけどねー(長音記号2)

もう病院はおしまいだよexclamation×2

furenchi.gif


ニックネーム ぶーこ at 16:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

無事生還しました^^

DVC00001.JPG

無事パインちゃん、復活しましたClap
本当は詳しくその都度報告しなければいけなかったのに、
すごく中途半端な報告になってしまい、申し訳ございませんでしたたらーっ(汗)

あれから1週間に一度の通院が続き、結構へこたれていたのですが、
薬もなくなり、今ではすっかり元の元気いっぱいの
パインちゃんに戻りましたわーい(嬉しい顔)

一時はげっそりとやせ細り、食べさせて食べさせて体力が
なくならないようにと必死でしたが、何とか食は細くならなかったのが、幸いだったようです。

原因は最終的までわからず、一時的な食べ物によるアレルギー反応ではないかということで終わってしまいました。
これという食べ物もないので、一応そのときに与えた物は
今では与えていません。
本当はもう一度与えてそれででるようなら確実なのでしょうが、
あの状況をもう一度という勇気もなく、実際には逃げている状態?に
なるのでしょうか。。。

でもあれだけすごくロンちゃんのアレルギーがひどかったのに、
手作り食に変えてからは、短毛のはずのフレンチが
ロン毛のロンちゃんというように、毛がふさふさとしています。
授乳と育児疲れで毛は抜けるのですが、見事復活顔(イヒヒ)
ホント食べ物の重要さを思い知らされていますひらめき

ただ一つ困っていることは、ロンちゃんの子供たちは
今でも我が家にいること。ブログで手作り食やアレルギーのことを
素直に書きすぎてやはり、警戒されているのでしょうか。。。

それはそうですよね。。。
初めて家族になろうとしている子がアレルギーをもっていたり、
親がもっていれば、今でなくてもひょっとして。。なんて不安に思いますよねバッド(下向き矢印)ご飯もドッグフードでなく、手作りのものを与えていると聞かされれば、家族に迎えたとしてもできない。。。とかふらふら

でも、出会いは必ずあると信じていますexclamation×2
愛情たっぷりに育てられているうちの子をぜひとも、、、と
言ってくださる方に出会えると黒ハート

ファッションで犬を家族に迎える方が多く、トラブルがあると
飼育放棄をする人達が世の中にたくさんいます。そんな方たちに
ありのままをお話することによって責任もって家族にしてもらえるようにしていけたらとおもっています。それがいいのか悪いのかダッシュ(走り出すさま)

偉そうなことを言うようでごめんなさい顔(泣)

でもこんな可愛い寝顔の子供達です。
きっとトラブルに巻き込まれませんよね犬(足)

DVC00002.JPG
ニックネーム ぶーこ at 09:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

病気と闘うパインちゃん。。。

前回の続きです。

注射を打ち家に戻ってきたパインちゃんは
やっぱりぐったりしています。
でも私は仕事に戻らないといけなくて
またまた家のものに預け仕事へ車(セダン)

仕事場へ行ってもパインが気になり仕事が手につきませんたらーっ(汗)
すぐさま家に帰り、様子を見ることに。。。

発疹はすっきりではないもののひいては
いました6
ほっ顔(笑)

食欲は相変わらずもりもりなので、大丈夫かな。。。exclamation&question

次の日の朝、病院に電話
発疹が引いているので、もらってきた薬も飲ませなくても
病院にこなくてもいいということ。
まずは一安心ふらふら

それから何もなく、5日間が過ぎましたー(長音記号2)

ご飯の時間になると一目散に寄ってくるパインが
ヒーターの前から動きませんどんっ(衝撃)
完璧におかしいですバッド(下向き矢印)
皆に配りだすと寄ってきて普通に食べますエサ


gohans-.jpg

全員分のご飯です。
おいしそ〜黒ハート

とりあえず、様子をみることに。。。

仕事から帰り、病院に電話をするとまたまた院長先生が
留守とのこと。
でも見てもらわないといけないので、
前回と違う先生を指名。
待合室で待っていると院長が診察を
はじめましたので、院長へ指名変更Bad

順番がきて見てもらうと

院長:「これは大変ですどんっ(衝撃)
と言い、ばたばたとしだしました。
看護婦さんも院長の指示に従い、ことの重要さが
わかりました。
すぐさま血液検査注射
パインは痛いので腕をかくそうとしています。

がんばれ〜顔(泣)

5分ほどまつと結果がでました。

院長:「とても危ない状態です。ちょっとまずいです。
   覚悟をしたほうがいいかもしれないです。。。」

えっexclamation&question何言ってるの?

目の前が真っ暗です。
苦しそうにしているパインを見ると涙が止まりませんでしたたらーっ(汗)

結果はというと
赤血球の数値が異常に低くなっているとのこと。

院長:「たまねぎ、ねぎ、にんにく、チョコレートなんて
   食べさせてないよね?」
ぶーこ:「当たり前じゃないですかちっ(怒った顔)
院長:「そうだよね。手作りご飯の人がそんなこと
   する分けないよね。でもホントどうしてだろう。。。」

そんな会話をしましたが、原因がさっぱりわからず、
その日は注射を2本もうって自宅へと戻りました。注射 

院長:「明日の朝1番に連れてきてね。今から帰って何かあったら、
   すぐに電話してね」

という言葉をもらい、車に乗り込みました車(セダン)

家のものも心配しているだろうと携帯電話
話をしているだけで、涙がとまりませんたらーっ(汗)
あふれてきますたらーっ(汗)

落ち着け落ち着けと言う言葉を心の中で
言い続け、家へ戻って行きました。
信号待ちで私を見つめるパインの顔犬(笑)

やっぱり涙が止まりませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

続く。。。


gohans-.jpg


ニックネーム ぶーこ at 14:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

大変なことになっていました。。。

011s-.jpg

こんなのんびりとしたいたパインちゃんが大変なことになっていました顔(泣)
そのためブログの更新もできず、看病看病の毎日でしたあせあせ(飛び散る汗)

それは10日ほど前にさかのぼります。
体にぷつっぷつっと発疹がでました。
ロンちゃんのことがありましたので、すぐに病院に行きました車(セダン)
あいにくい院長先生は学会のため留守でした。
他の先生に見てもらいました耳

「子犬にはよくあることだから。。。」ということで
何もしずに家に帰りました車(セダン)
パインを置いて家のものに預け又仕事に戻りました。。。
すると会社につくとすぐに携帯電話

「体中発疹だらけexclamation×2
すぐに戻ってどんっ(衝撃)

なにぃ〜ダッシュ(走り出すさま)

さっき何にもって言ったじゃない爆弾

迎えにいくと体中ぼこぼこになっているパインをみて
ショックなんてものではありませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
ロンのときと同じ。。。顔(え〜ん)

すぐに病院へ駆け込みとりあえず、発疹を抑える注射病院
その日から戦いは始まろうとしていたのです。。。


076s-.jpg

続きは又明日にでも。。。
ニックネーム ぶーこ at 22:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

またまた事件がおこってしまいました。。。

画像 022s-.jpg

1時間ほど前に病院から帰ってきました車(RV)
その1時間前に、「きゃんどんっ(衝撃)」と異様な泣き声が。。。あせあせ(飛び散る汗)

子犬がふらふらと歩いてきました。
目から涙がボロボロとでていますたらーっ(汗)

そうなんです。熟睡していたダックス軍の中に
近づいていってお口をガブガブとしたときに
誰かわからないのですが、”ガブどんっ(衝撃)”と
されてしまったようですもうやだ〜(悲しい顔)

まぶたが赤くなっていたし、目がしょぼしょぼとしていたので、
すぐに病院の先生へ電話
「すぐに連れてきてダッシュ(走り出すさま)」とのことで、
すぐに病院へ走っていきました車(セダン)

「目玉には異常はないです。今日は注射を打っておくから
明日、腫れてくるようだったらもう一度連れてきてバッド(下向き矢印)
との診察でした。。。
とりあえず、大事にはならずでよかったです顔(泣)

だれがやったかもはっきりわからないので、
この子という断定ができず、ダックス軍からは
今は離していますけど、遊びたいばかりなので、
ダックス軍はいいおもちゃふらふら
ロンママはおっぱいを吸われまいと逃げ回るので、
ダックス軍がいつもかまってくれますからね。。。
眠いのを邪魔されたので、思わず、とっさに噛んじゃったとは
思うのですが、複雑な心境です顔(汗)

わざとではないしね。きっと寝ぼけていたんだと思います。

やってしまったのはきっとおんぷちゃんexclamation&question

画像 020s-.jpg

事故なので、仕方がありません。
見ていなかった私も悪いのですから。。。
ごめんね。

とりあえず、明日の様子見です。

今はお腹ぶちだして寝ています。
ニックネーム ぶーこ at 00:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

毎日が戦争になってきました!

久しぶりの更新となってしまいました顔(え〜ん)
というのも、ロンちゃんがアレルギーなのか
体中がボコボコになってしまい、病院に行って
注射をうちとりあえず、ひかせているといった状態に
なってしまったのです注射

原因はわかりません。
1度目は産後ドッグフードの中に某P社のお肉を
混ぜたのが原因なのでしょうか。。。
食べてすぐに体中がボロボロ。。。がく〜(落胆した顔)
耳の中から体、足や手、挙句の果てには
顔がぱんぱんに腫れて今にも死にそうあせあせ(飛び散る汗)
診察外だったのですが、電話をしてすぐに病院へ病院

P社のお肉が原因ではないかということで
それからというものの今までに与えていたドッグフードのみの
食事にしました。。。

それなのに。。。
2度目の発作exclamation&questionが起こりましたもうやだ〜(悲しい顔)
何も原因がないので、先生曰く、「ドッグフードは
何がはいっているのかわからないので、できれば
手作り食でやってあげて欲しい」と言われましたexclamation×2

大変exclamation×2手作り〜ダッシュ(走り出すさま)

何をどうしたらいいかわからず、今日まで更新する暇も
ありませんでしたひらめき

その間にロンのBABYたちはというと。。。

画像 033s-.jpg

ということになっております。。。

今日現在はもっと素晴らしいやんちゃ娘たちに
なっていますが、これは又後日公開いたしますー(長音記号1)

今回はホントいろいろと考えさせられました。

ドッグフードが安全ではないということはわかっていたけど、
原因もわからずだとどうしても先生的には
やはり食べ物を考えるしかないと。。。
もちろんそうでないのかもしれないし、
先生はそれがどうしても無理だというなら、
病院で販売しているアレルギー用のフードもあるけれど、
できるのであれば手作りをしてあげてと。。。

それからいっぱい手作り食を検索しては見たものの、
できるのかどうか。。。

ロンちゃんだけ手作り食というものダックス軍が
かわいそうなので、今我が家では6食もの
ご飯茶碗が並んでいますー(長音記号2)

がんばりま〜すひらめき


ニックネーム ぶーこ at 21:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする